youtube人気はいつまで続く?日本の利用率は77%!

Pocket

どうも、パルソン(blog_rikeore)です。

今回は大人気動画サイトYouTubeの人気がいつまで続くのかgoogleが発表したデータをもとに考えていきます!

youtubeはいつからあるの?

 

youtubeは一人のアメリカ人によって2005年に作られました。
最初の動画は動物園の映像なんだそうです(笑)

そして日本で本格的に始動されたのは2006年、ブログなどで紹介されユーザー数が徐々に増えていきました。

2006年というと、みなさんはどう感じますか?

僕はすごく短いと思いました。

10年の間にyoutuberが現れ、今では「小学生のなりたい職業第2位」になってしまうんですよ!

やはりインターネットの普及とともに爆発的に人気になったことがわかりますね。

それでは次はデータから見るユーザー数や、利用率を見ていきましょう。

youtubeの利用率

youtubeの世界での利用人数がgoogleの調査によって明らかになりました。

まず、月間ログイン数が圧巻の「15億人」

すごすぎて驚きですΣ(・□・;)

youtubeはログインしなくても見られます。このことを考慮すると月間のユーザー数はさらに多いということになります。

次は日本の利用率を見てみましょう。

 

日本全てで見たとき、利用率は「77%」となっています。
さすがインターネットが普及している日本といったデータですね。

「男性」と「女性」では90%と89%であり、ほぼ同じと言えますね。

そして、年代別で見てみましょう。

男性女性ともに15~19歳が最も高くなっています。
これは間違いなく、スマートフォンの普及によるものでしょう。

ここで見てほしいのは50~59歳のデータです。

男性は「75%」女性は「67%」

他の年代と比べると低くなっていますが、引けをとらない数字です。

それだけyoutubeには老若男女楽しめる動画たくさんあるということです。
他の動画サイトでは考えられない数字ですよね。。

googleの分析

Googleはこれらの調査結果からYouTubeをこのように分析しました。

 

この分析は素晴らしいですよね。

まず、本当に手軽ですよね。youtubeのサイトを開けばすぐに動画が見られます。
ニコニコ動画のようにログインなんて必要ありませんし、サイト自体とても軽くスマートフォンなどからでも手軽に見られます。

そして検索。さすがはGoogleさんと思わせてくれるほど検索ワードに対して、本当に見たいものを提供してくれます。今ではyoutuberがものすごく多いので求めている動画がみつからないなんてことはほとんどなくなりました。

さらに発見。僕もyoutubeで新しい発見を多くしました。
なぜ発見できたか。自分が見たい動画を見ていると右側に関連動画が出てきてついつい見てしまい、気づいたら最初に見ていた動画とは全く別のジャンルを見ていたなんてことも多々ありますよね。

視聴履歴からのおすすめ動画を教えてくれる機能もほんとにありがたくて、これも新しい発見につながります。

youtubeの問題点

そんな何の動画でも見つかってしまうyoutubeですが、「なんでも見つかってしまう」というのが問題でもあります。

それは「違法アップロード」です。

アニメやテレビの転載が今めちゃくちゃ多いです

こういった動画が「収益化」されていることも多く、違法アップロードしている人がお金を得てしまうという現状があるのです。

youtubeの運営側も削除を毎日しているようですが、違法動画数も莫大です。
さらに違法アップロード者たちも簡単に削除されないように、試行錯誤しているため長い間削除されてない動画もたくさんあるのが現状です。

 

完全に「いたちごっこ」となっているため、問題を根本から解決するのは難しいのではないかなと思ってます。

完璧に見えるyoutubeですが問題点もやはりあるんですよね。

youtubeの人気はまだまだ続く。しかし

この記事のタイトルに対する答えはこれです。

YouTube人気は「まだまだ続きます」

具体的に何年なんて今の段階では絶対にわかりません。

まだまだyoutubeはユーザー数を増やしていますが、あと数年経ったころには「あのころが全盛期」なんて言われているかもしれません。

はたまた、数年後には動画サイトがyoutubeにすべて吸収され、一つになっているかもしれません。

 

別の話題になりますが、少し前からyoutuberの広告の単価が安くなっており、youtuberが稼げない時代になるなんてことも言われています。

現に10000再生を達成しないと広告を張れなくなりました

収益について語っている動画があるので詳しくはこちらも見てください。

しかしこの動画、2015年に投稿された動画でして、現在(2017)もyoutuberだけで生活している人もおおくいますし、広告の単価は低くなったとはいえユーザー数は多くなっているので収益だけで見てみると意外と変わってなかったりもするんですかね。

結論

問題も抱えていますが、僕の今現在の結論として

「youtubeを超える動画サイトは10年出てこない」としたいと思います。

もしyoutubeを超える動画サイトが出てきたとしたらそれはもう「革命」です。

 

今後もyoutubeには色々と楽しませてもらえそうです。では!!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)