youtuberの「好きなことで生きていく」勘違い。成功者の努力は半端ない。

Pocket

どうも、パルソン(blog_rikeore)です。

いまyoutuberという職業が新しくできて、彼らのキャッチフレーズは「好きなことで生きていく」です。それの影響もあって小学生の将来なりたい職業ランキングのトップにyoutuberがランクインしていました。

でも僕はちょっと待って、と言いたいんです。

まず好きなことで生きていくyoutuberは「」ではないです。

Googleの機嫌次第では明日無くなってしまうかもしれないような職業ですし、再生数や高評価を追い続けなければ収益も安定しません。

もちろんyoutuberになることは新しい挑戦として素晴らしいことですし、今すぐ挑戦したほうが良いです。
でも、「好きなことで生きていく」っていう考え方はちょっと甘すぎるかもしれません。

ここからは「好きなことで生きていく」本当の意味を自分なりに解説していきます。

好きなことで生きていく=楽ではない

「好きなことで生きていく」=「楽」ではないです。

むしろ「好きなことで生きていく」=「好きなことが嫌いになる」に近いです。

それくらい努力が必要で、努力だけで成功するような世界ではないです。運が絡んだり、環境が絡んだりといろいろな要因が重なって人は成功します。

その確率を少しでも上げるために成功者は日々の努力を怠りません。

というか成功している人は努力を努力だと感じません。努力は前提であり、常に見据えているのは成功している未来だけです。

やる前から「失敗したらどうしよう」とかを考えているうちはダメなんです。

今成功している人も、成功するまで何回も失敗しています。成功するまで挑戦を続けるから成功しているのです。

どんなに有名な社長でも1度は絶対に事業に失敗していますし、そこからやり直す根気も努力も必要です。

DJ社長・Hikakinを見てみる

DJ社長の今まではこの動画で語られています。

この動画で語られている「頑張ったとかじゃなくて、結果が大事」と語られている場面があります。

ホントにその通りで、社会に出ると誰も他人の努力なんて見てくれません。努力しているから今回の支払いは待ってあげるとか、頑張っているから今回は支払い無しでいいよ。なんてことは絶対にないのです。

努力なんていうものは当たり前で、どう頑張るかということが大切なんですね。

次はHikakinの動画です。

Hikakinはスーパーのバイトをしながら毎日ビートボックスの動画をアップしていて、そしたらたまたま1つの動画がバズって人気になりました。

成功している今だから美談です。ですが今から伸びるかもわからないビートボックスの動画を毎日アップし続けられる人はどれくらいいるでしょうか?

Hikakinはそういう努力ができる人だったんです。彼の成功した要因はビートボックスの技術がスゴかったからではありません。

毎日試行錯誤して、伸びる可能性のある動画を上げ続けたことが成功した要因です。

この毎日の継続した努力をできる人が、いまこの記事を見ている人の中でどれくらいいますか?

彼らは才能があったわけではない

DJ社長やHikakin、はじめしゃちょーを見て特別ずば抜けた才能があるとは思いません。

むしろ誰でもできることを毎日ひたすら上げ続けているだけです。

そう、誰でもできることをひたすらアップし続けているだけなんです。

でも世の中は不思議なもので、誰でもできるのにやろうとする人は全然いません。

理由は簡単で言い訳を先に考えてしまうからです。「youtuberは将来が不安定」「環境が違う」「時間がない」成功しない人は何かにつけて言い訳をつけてアクションを起こそうとはしません。

言い訳ばかりをしている人は、この先も目の前に転がっているチャンスを言い訳して見逃します。

Hikakinのこの動画は内容で言うと只ネコと遊んでいるだけです。

この動画は1000万再生を超えていて、収益も数百万円を超えていると思います。

伸びるかわからない動画をひたすら毎日上げ続けるという才能が彼らを成功に導いたということです。

好きなことに没頭すれば成功する

成功した彼らには1つの共通点があります。

それは好きなことに没頭し続けていることです。ホリエモンもアホのようにハマれと言っているように、ハマっている人の吸収量は半端じゃないです。

人生をかけるほど好きなことに没頭したときに、次どうやったら伸びるかっていうのが見えてきたりするものです。

DJ社長・Hikakinが成功しているのはたまたまではなく、アホのように没頭し、試行錯誤し失敗して、そこからまた努力して成功しています。

努力の1ことで済ますのが申し訳ないほど、彼らの努力量はハンパないんです。

好きなことで生きていくことはそれくらいの覚悟が必要です。

断言:好きなことで生きていくことはできます

 結論から言うと「好きなことで生きていく」ことはできます。

ただこれには条件があってそのポイントを解説すると

  • 時間をすべて費やす
  • 他のことを犠牲にする
  • 好きなことが嫌いになるほど努力する

これだけの覚悟は前提として必要です。

最近の「好きなことで生きていく」風潮がどうも「楽に生きていく」のように聞こえてしまって、気持ちが悪いです。

今回は例としてyoutuberを取り上げましたが、好きなことで生きている人は世の中に死ぬほどいます。
逆に好きなことで生きていない人は、好きなことで生きている人の何十倍も多くいます。

好きなことで生きていくために、すべてに時間を費やすことと、好きなことをせずお金をもらって趣味にお金を使う生活。あなたはどちらが幸せに感じますか?

人生は選択の連続です。しかも選択はすべてあなた次第です。

今の生活を変えれば1年後の自分が全く別の存在になっていることもあるわけです。

貴重な時間の選択をもっと大切にしたほうが良いのかもしれませんね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)