愛媛発!絶対人気が出るバンドLONGMAN(ロングマン)を徹底紹介!!

Pocket

みなさん最近はどんな音楽聞いてますか?

今回の記事で紹介するLONGMANはメロコアバンドです!!

キャッチーなメロディから始まる曲が多く耳に残りやすい

そして、1度聞いたら次の日も聞きたくなってしまう。

そんなバンドです。

それではLONGMANの魅力を徹底的に紹介していきますよ-!

 

LONGMANってどんなバンド?

LONGMANは四国・愛媛発の男女ツインボーカル3ピースバンドです。

2012年から活動をはじめ、2014年に1stアルバム「Neverland」を発売します。

その後も活動を続け、2015年にリリースした「tick」をきっかけに

徐々に人気が出始めました。

僕もtickのころにlongmanと出会って、youtubeで初めて曲を聴いたときは

なんだこの爽快感は!と思わされました。

みなさんにもこの感動を味わってほしい!LONGMAN感じてほしい!

ということでLONGMANの魅力を深く紹介していきたいと思います。

 

メンバー紹介

ひらいまん(ギター&ボーカル)

上の写真の右の人がギター&ボーカルのひらいまんです!

ライブのMCもほとんどひらいまんが担当していて、

お客さんにイジられたり、かなり楽しめます。

そんなユニークなひらいまんが歌う歌はとても耳に残って何度も聞きたくなります。

さわちゃん(ベース&ボーカル)

上の写真の真ん中の人がベース&ボーカルのさわちゃんです!

とても愛嬌のある可愛い女性ですよね。

ライブの時は普段のちょっと真剣目の表情とは一変して

ひたすらはしゃぎまわってて輝いてます。

さわちゃんとひらいまんの男女ツインボーカルというのが

LONGMANの魅力でどんどん惹きこまれます!

ほりほり(ドラム&コーラス)

上の写真の左の人がドラム&コーラスのほりほりです!

ほりほりは最年少ということもあってか、

僕の中での勝手なイメージが「少年」です。(笑)

ライブの時にポンジュースのTシャツを着ていて

愛媛出身の僕からしたらうれしくなったりもします。

これだけは聞いておけ!人気曲!

ぶっちゃけ全部おすすめしたいのですが、

今回は中でもおすすめ曲+youtubeで聞くことができるものに限定したいと思います。

IN THIS WAY

まずこの曲を聴いてほしい!この爽快感を感じてほしい!

初めてこの曲を聴いたときに僕は衝撃を受けました。

どんどんと広がっていくキャッチーなメロディー。走り回りたくなります(笑)

ライブでもこの曲は超定番でOpeningの直後に

IN THIS WAYは一気にテンションMAXになること間違いなしです。

1919

「ナインティーンナインティーン♪」からテンポ良く始まる1919もライブの定番曲であり、

LONGMANの中でもトップを争う超人気曲でもあります。

テンポに惹きこまれ、歌詞に惹きこまれ、歌に惹きこまれる。

なんという名曲を生み出したんだLONGMANよ…!!

Better days

1919、IN THIS WAYとは少し雰囲気の違うbetter daysです。

最初は1919とかに惹きこまれがちなんですが

better days は聞けば聞くほど良い曲だな~と感じる曲だと僕は感じています。

こんな世界もLONGMANは見せてくれるぞという1曲です!!

Back Home

 

 

LONGMANの新曲 Back Homeです!

ミニアルバム「tick」で人気の出てきたLONGMANが次にどんな曲を出すのか楽しみしていた

矢先、発表されたのがこの曲です。

期待されていたもの以上の名曲をLONGMANは生み出したのだと僕は感じています。

歌詞にある 「最高に見えた世界は 最高の心の中映し出したのかな」

まさにその通りでLONGMANに僕らは最高の世界を見せられてますよ!

 

LONGMANのアルバムたち

Neverland

先ほど紹介した「1919」「IN THIS WAY」が収録されています。

LONGMAN初のアルバムでかなり初々しいノリノリの曲が多く収録されています。

ライブの定番曲も多く収録されているので、

これからライブに行こうかなと考えている方は購入しておいて間違いなしです!! 

もしこのアルバムを手に入れた方は「Excuse」という曲を聴いてみてください。

これこそLONGMAN!!本当に最高と思える1曲です。

tick

 

LONGMAN第2弾となるミニアルバム「tick」です。

先ほどの「better days」が収録されています。

neverlandよりは曲数は少ないですが、その分お値段のほうも安くなっています。

是非手に取ってほしいアルバムです!

このアルバムに入っている「Hole up」という曲もライブの定番曲でかなり盛り上がれます。

So young

 

LONGMANの最新アルバムです。

LONGMANのメンバーも「このアルバムが売れなかったらもうダメだと思う」

というほどこのアルバムに自分自身の音楽を詰め込んだのだと思います。

その思いが溢れているような素敵なアルバムです。

僕も手に入れてからはずっとリピートしていました。

先ほど紹介した「back home」が収録されています。

ライブの雰囲気

LONGMANのライブに行ったことがない方向けにライブの雰囲気を軽く紹介します。

まずLONGMANのアルバムにはすべて「Opening」があり、

そのどれかのアルバムのOpeningからライブはスタートします。

そのあとにすぐに曲が始まります。

僕が行ったライブは「IN THIS WAY」が多かったかなーという印象です。

あとどの曲も盛り上がる部分でダイブする人が多いので、そこは注意する必要があるかもしれないですね。

定番のCashier girlのMCは面白いし、ノリノリでライブハウスのみんなと踊ったり

叫んだり、はしゃいだり、楽しいことだらけなので本当に1度ライブに行ってみてほしい!

一時活動休止!しかし最高の復活を遂げた。

実はLONGMANはさわちゃんの喉の不調から一時活動休止していた時期があるんです。

ライブもほとんどお休みして、ひらいまんがソロライブを開いたり、他のバンドと一緒にライブしたりと

LONGMANは本当に愛されているのだと感じました。

そんなLONGMANがついに活動を再開し、そのライブの映像がこちらです。

復活ライブのチケットはSOLD OUTし、ライブは大盛り上がり。

見事、最高の復活を遂げました。 

 

今後、間違いなくLONGMANはさらなる高みへ飛躍していきます。

四国初・愛媛発バンドとして大舞台で大暴れしてくれることを願います。

そして、今よりももっとデッカイ舞台でライブをしてくれLONGMAN!!

LONGMANの今後の活躍には期待せざるを得ませんね!!

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)