【実例あり】フリーランスができる仕事まとめ。エンジニアからデザイナーまで

Pocket

どうも、パルソン(blog_rikeore)です。

フリーランスになると仕事がなくて不安定になると思われている方が多いですが、今の時代はそんなことはありません。仕事を紹介してくれるサイトもありますし、案件数も徐々に増えていっています。

スキルがあればサラリーマンよりも稼げるようになりますし、案件を紹介してくれるサイトによっては福利厚生がつくこともあります。

フリーランスが不安定で稼げない時代は着々と終わりを迎え、スキル重視の時代がどんどん来ているんですよね。

そこで今回は仕事の幅をどんどん広げているフリーランスにできる業種を紹介していきます。

自分にもできそう、やってみたいと思うものがあれば、まずは副業から始めてスキルを伸ばしていくのがおすすめですよ。

それでは紹介していきます。

エンジニア系

まずフリーランスの代表的な仕事にはエンジニアが挙げられます。

今の時代はプログラミングができるかどうかがフリーランスにとって、最も重要と言っても過言ではありません。

エンジニア系の仕事を求めるのであればこれらのサイトが良い仕事を紹介してくれます。

一概にエンジニアといっても中身は多種多様なので、好きなものを選べばいいです。

どういった種類のエンジニアとしての仕事があるのか紹介していきますね。

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアの仕事は主にシステム設計やプログラミングがあります。

チームで開発を行うこともあるため、コミュニケーション能力やチーム全体を管理する能力も必要になってきます。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • 【Java】社内ツール開発(~3360円)
  • 【JavaScript】サイト・アプリの開発(~800000円)
  • 【iOS】モバイルアプリケーションの開発(~3500円)

プログラミング言語は様々ですが、個人的にはJavaが多いように感じました。

単価は数千円から数十万円まであり、案件によって差がかなりあります。

インフラエンジニア

インフラエンジニアはシステムやアプリケーションの基盤を作っていくエンジニアです。

企業では必要不可欠な存在なので、募集はかなりあって今後も需要は増加していくものと思われます。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • 【java】金融システムテスト(~550000円)
  • ネットワークシステム保守・運用(~470000円)
  • メーカ向け電力テスト(~550000円)

1件ごとの報酬はかなり高めなのが特徴です。スキルがある人はかなりの報酬が見込めますね。

他案件の仕事からのスキルチェンジをされた方は単価が高くなることもあります。

セキュリティエンジニア

近年かなり需要が高まってきている職種がセキュリティエンジニアです。

今は案件数は決して多くはないですが、これから伸びてくる業種の筆頭です。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • セキュリティ運用(~650000円)

これからはセキュリティ業務をできるのは強みになってきます。

システム構築なども経験できます。

ITコンサルタント

ITコンサルタントはITの観点から顧客に対してコンサルティングをするサービスです。

顧客の経営方針に沿ってシステムや技術を提供しなければならないので、簡単な仕事ではないですが、その分報酬は高価なものになります。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • PJ立上げ/コンサルティング(~620000円)
  • 中古流通業基幹システム刷新(~700000円)
  • 自動車関連ToCサービスコンサル・データ活用(~1050000円)

誰でもできるような業務ではないですが、経験豊富な人やスキルがある人にはかなりおすすめの業務です。

エンジニア系のコンサルタントをしたい方は是非一度、案件を見てみることをおすすめします。

テストエンジニア

テストエンジニアは顧客の仕様書通りに作られているかをチェックし、デバッグを行う業務です。
いわゆるデバッカーと呼ばれる仕事が多いです。

ネットワークが広がり、システムが複雑化する中で需要が高まってきている業種でもあります。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • 【java】金融システム更改/テスト(~550000円)
  • メーカ向け電力テスト(~550000円)
  • 【大規模サイト】アプリテスト実行(アプリテスト実行)

スマートフォン向けアプリのデバッグ等はこれから更に需要が増してくる分野だと思うので、フリーランスの方はそこを狙い目にするのもアリですね。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーのデザインを基に、HTMLやCSSを用いて設計・実装を行っていきます。

このブログでも使用しているWordpressを扱うこともあります。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • 【クラウド型学習支援サービス】フロントエンド(~850000円)
  • 女性向けキュレーションサービスフロントエンド開発(~950000円)
  • 【広告サービス管理画面開発】フロントエンド(~950000円)

WebサービスやWebサイトを立ち上げることはまだまだ需要の高い分野ですので、幅広い分野で仕事をできます。

普段経験できないサービスの立ち上げに携わることで新たな人脈ができるかもしれません。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアはサーバーの設定・運用を行う業種です。

サーバー設計・構築、通信障害やセキュリティ対策など幅広い業務内容です。知識が必要となる業務なので、その辺の知識をつけるための勉強は必要です。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • 大手通信会社向けネットワークシステム保守・運用(~470000円)
  • 仮想通貨ウォレット開発(~800000円)
  • クラウドインフラ設計/運用構築(~600000円)

Webサービス、SNSサイト、ゲーム開発の案件が多くあります。

サーバーエンジニアは専門的な知識を必要としますが、サーバー業務に携わりたいフリーランスにはおすすめの業務です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは電子機器のネットワークを設計・構築・運用する業務です。

ネットワーク系の業務は多くの企業が求めているので、大企業からの案件もあります。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • キャリア向けネットワーク機器バージョンアップ(~530000円)
  • ネットワークセキュリティ設計(~730000円)
  • 大手通信キャリア検証(~550000円)

ネットワーク系の業務に携わることで、ネットワークやインフラのスキルを大きく高めることができます。

需要がなくなることがまず無い分野なので、一度経験しておくと良いかもしれません。

データサイエンティスト

データサイエンティストは膨大なデータを分析・統計する業務です。そこからマーケティングや戦略を提案しビジネスにつなげていく必要があります。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • メーカー向けITコンサルティング(~730000円)
  • マーケティングサービスデータ分析支援(~550000円)
  • ビックデータ分析基盤設計導入( ~800000円)

データサイエンティストはコンサルタント業務を担当することもあるため、ITコンサルタントを経験しておくのがおすすめです。

テクニカルサポート

テクニカルサポートは電化製品の操作についての質問・故障などのトラブルに技術的な観点からサポートする業務です。

知識だけでなく顧客に対してわかりやすく説明するコミュニケーション能力も必要になります。

  • 【Windows】情報システム部サポート(~550000円)
  • 社内ITシステムサポート(~530000円)
  • セキュリティサポート運用(~650000円)

テクニカルサポートは他のエンジニア系業務とは少し異なる業務内容が多いです。直接顧客との対応もあるので、電化製品の知識、コミュニケーション能力は必須のスキルになります。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの設計・構築を行う業務です。

データベース構築は専門的な知識が必要になってきます。知識・スキルを身に着ける必要があるため、上級者向けの業務といえるかもしれません。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • 金融向けインフラ構築(~650000円)
  • 食品通販サービスDWH構築(~680000円)
  • マーケティングサービスデータ分析支援(~550000円)

以上がエンジニア系の業務の紹介です。

エンジニア系の業務の案件は下記のサイトから探すと高単価で、良質な案件が見つかりますよ。

Webライター系

Webライターはエンジニアほど高単価なものはないものの、確実に需要がある業務です。

下記のサイトは案件が圧倒的に多くおすすめです。

ライティングスキルを身につけたいフリーランスには絶対に経験しておきたいのがWebライターです。

自分のサイトを持ちたいと思う方はブログ運営もかなりおすすめです。

フリーランスとしてエンジニア系の業務を持ちながら、ブログで副収入を持っていると収入がかなり安定するので余裕のあるかたは始めてみましょう。

ライティング

ブログ等の記事を書く業務です。

1文字ごとに単価が発生するものもあれば、1記事ごとに単価が発生するものもあります。ブログ運営者との交渉次第では単価アップも見込めますし、長い付き合いになることもあります。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • 【250文字で500円】結婚写真・挙式前撮り・マタニティフォトの体験談
  • 10000円/20記事】飲食店のPR記事の作成【500文字/1記事】
  • 【8000円/2記事/2000字以上】医療費控除についての説明コンテンツの執筆

 

案件によって単価がかなり異なっているのがわかると思います。

専門知識を要するものは単価が上がりやすい傾向にあります。Webライターをする場合は得意な分野を攻めましょう。

記事の外注を個人的に行っている人もいるので探してみると、思わぬ案件を頂けるかもしれません。

ネーミング

僕も案件紹介サイトを見るまで知らなかった業務がネーミングです。

新たなサービスやお店に名前を付けてくれという依頼を受けます。テキトーではなく、意味を持たせた名前にしたい人が多いため、そういった知識のある人はおすすめです。

  • 日本語のプライベート教室のネーミング募集(21600円)
  • 新規事業の屋号(43200円)
  • 新規人材会社のネーミング(43200円)

一見簡単そうに見えるこの業務ですが、1つの案件に対して応募が300以上あり、採用されないと報酬が受け取れません。

かなりセンスが必要な業務です。が、採用されると報酬がデカいです。

編集者

企業の公式サイトの文章の校正や、ブログのリライトをする業種です。

ランサーズで見る限りはブログリライトが多めで、ライティングと似たような業務になると思います。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • 企業公式サイト用文章の文字校正(1000~2000円)
  • 【1文字1円】育毛ブログのリライト
  • 書籍 文章校正の仕事(50000~60000円)

ブログリライトはライティングと同じくあまり単価が高くないですが、小説や書籍の校正になると報酬はグッとアップします。

ライティングスキルや編集スキルに自信のあるかたは案件を受けてみてはいかがでしょう?

以上がWebライター系の業種になります。気になったものがあれば詳しく案件を見に行ってみましょう。

デザイナー系

 

Webデザイナーは案件を受けてくることもあれば、自分で作った作品を売るという業種でもあります。

依頼されて作るイラストレーターと、イラストを自分から営業するイラストレーターでは全く特徴が違います。

ここでは依頼を受けることも出すこともできるサイトを紹介します。

ブログ運営者はイラストを求めている人が多くいるので、Twitterなどから直接アプローチすれば、専属のデザイナーにしてくれるかもしれません。

イラストレーター

イラストレーターは需要がある業種ですが、趣味でやっている人も多くイラストレーターだけで稼ごうと思うと難しいかもしれません。

特にクラウドソーシングサービスを利用して案件を受けると、1点300円で募集していたりするのでイラストを欲している人に直接アプローチするほうがうまくいったりします。

実際に紹介されている案件はコチラです。

  • モノクロイラスト(3000円~5000円)
  • カラーイラスト(5000円~10000円)

イラストレーターはTwitterのようなSNSを通して、自ら営業をかけるのもいいかもしれません。

最初は他のものと兼業で行うのが良いでしょう。イラストレーターとして確実に報酬がほしいなら案件紹介サイトを使うのがおすすめです。

その他デザイナー系

デザイナー系はネットから案件を持ってくるのが特に難しい分野です。

案件紹介サイトだと安すぎる単価のものも多いですし、自分の書きたいデザインと違うことも多々あるでしょう。

デザイナーは人脈や営業から仕事を取ってくるのがおすすめです。

デザイナーとして成功したいなら、1人で何もかもはできないと思います。顧客のところに自ら出向く営業や知り合いから仕事をもらうなど、他人があっての業務になります。

デザイナーとして成功するためにも、フリーランスとして成功するためにも人脈作りが確実に必要になります。

まずは人脈作りから始めてみましょう。

まとめ:フリーランスはエンジニアが強い

紹介する業種は以上になります。

今回紹介した案件紹介サイトは下記のとおりです。

ここまで見てくださった方ならわかっていただけたと思いますが、基本的にフリーランスはエンジニアが強いです。

フリーランスとして成功したいならもはやプログラミングは必須かもしれません。

もちろん自分の人脈を使い、セミナーやオンラインサロンで稼いでいる人もいますが、プログラミングを学びフリーランスとして成功している人がマジョリティでしょう。

フリーランスになるか迷っている人や、収入源が不安な人はプログラミングを学ぶのが最適解になりそうですね。

みなさんがどんなフリーランスとして生きていくかは僕が決めることではありませんが、この記事からフリーランスとしてどう生きていくか決めてくださる方がいたら光栄です。

これからの個のスキルの時代を生きていくフリーランスのみなさん、頑張っていきましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)