カードゲームをしない僕が初めてのカードショップで感動した話

Pocket

どうも、パルソン(blog_rikeore)です。

つい先日、カードゲームを始めた友人に連れられ初めてのカードショップに行ってきました。

あの店に入った瞬間僕は、「なんだここは。」と思わされました。

だってそこは僕が今まで全く味わったことのない感覚を一瞬で感じさせてくれたんです。

初めての新鮮な感覚を忘れかけていた僕にまた新しい刺激をもたらしてくれる素晴らしい体験でした。

何が僕をそんなに感動させてくれたのか、詳しく書いていきたいと思います。

パルソン

新しい出会い。ここで形成されたコミュニティ。

それらにワクワクしたパルソンのお話です。

そこには1つのコミュニティが存在した

まずカードショップに入って目にしたものは大量に並べられてカードたちです。

遊戯王・デュエルマスターズ・ポケモンカードetc

そして並べられたカードゲームの先にはデュエルスペースと呼ばれる空間が。

そこにいた人たちは

  • 造船帰りの仕事服のおじさん
  • 学生のような若者
  • 見た目オタクのお兄さん

少し言い方は悪いかもしれませんが

カードゲームがなければ関わってないような人たちが1つのテーブルに集まってにぎわっているのです。

僕にとってそれは異様な光景でした。

ここにいる人にとっては当たり前なのだろうけど

僕にとっては当たり前ではない。

自分の視野の狭さと、新しい感動にワクワクしている自分がいました。

ここにいる全員が同等の立場

僕なりになぜこんな風にみんなが集まっているのか考察してみました。

そして僕なりにたどり着いた結論が

「ここでは年齢も学歴も仕事も関係ない。みんなが同等の立場なのだということ」

小学生のころ、みんなでカードパックを開封したとき

理由もなく、とりあえず集まってみたり

そういった関係がこの小さな1つのカードショップの中にはありました。

カードパック開封をみんなで開封する喜び。

当たりのカードが出たらみんなで大喜びする。

そんな昔はみんな当たり前だったことを今ではみんな忘れてしまっています。

ここにいた人たちはその感覚を味わいたくて、居心地が良くて

カードショップに集まるのだと僕は感じました。

1歩踏み出す大切さ

いまカードショップに集まっている人たちだって最初は躊躇したはずです。

でも1歩踏み出すだけで1つのコミュニティに参加し、自分の新しい居場所となっているのです。

これは本当に簡単なことだったはずです。

小学生・中学生のころ、友達を作るのに理由なんて絶対にいらなかったはず。

ただ1声かければ友達になれたあの感覚を大人になった僕たちはいつの間にか忘れてしまっていました。

子供のころに簡単にできたことが

今では簡単にできない。そんなことが多くなってきました。

でもそれは間違っています。

ただ自分がアクションを起こさなくなっただけ。簡単なことをしなくなっただけで、何も難しくなっていないのです。

アクションを起こすことは簡単です。

しかし、大人になると何かに言い訳をつけてしなくなってしまうんです。

あの頃の感覚を取り戻したいのなら、まずは1歩踏み出すことを思い出していきましょう。

ネットとリアルでつながっていく

今ではネットで知り合った人とリアルで「オフ会」みたいなことも少なくありません。

逆にリアルで出会った人とTwitterでもつながっていくことも多いです。

つまりネットとリアルに境目がない世の中になってきているのです。

ネットの常識は常々変わっていきます。

昔は顔出しをしたら住所が特定されて…という人が大多数でしたが、今では中高生のほとんどが自分の顔をネットに出しています。

バカッターなどをする人を除いてはネットに顔出しをすることで知り合いに見つけてもらったりして、どんどん自分のコミュニティを広げることができるのです。

話が逸れましたが

とりあえずネットでもリアルでも自分のコミュニティをみつけろよ

って話です。

どこの世界に行ったって文句や難癖をつけてくる人はいます。

そういった人は自分のコミュニティを持っておらず、足元がふらついているから

色々な世界に難癖をつけます。

自分の居場所を見つけている人は、もうそこで定住しているわけですからね。

だからまず1歩、どこでもいいから踏み出してみる

ってのも大切なこれからのスキルなわけです。

結論:結局行動しなきゃ始まらない

長々と語ってしまいましたが、何が言いたいのかっていうと

「とりあえず行動したほうがいいよ」ということ

もう一つは行動を起こした自分を誇らしく思うこと

後者のほうは、批判に対して耐性をつけるためです。

そこのコミュニティが合ってるかなんて自分にしかわかりません。

だからまず行動した自分を誇らしく思いましょうってことです。

パルソン

ちなみに僕はブログを始めてたくさんの仲間ができて、今まで少しずつでも続けられてるから誇りに思ってるよ。

みなさんも新しい世界に飛び込んでみましょう。

ブログの世界も楽しいことが多いですよ。

どこかに仲間がいるって素敵なことじゃないですか。

新しい1歩踏み出すなら今しかないですよ。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)