【閲覧注意】ホラー・オカルト好きのための2chの怖い話を厳選してまとめてみた

Pocket

どうも、パルソン(blog_rikeore)です。

今回は歴史の長い2chで見つけたガチで怖い話を厳選して紹介します。

あり得ないような話から、明日起きてもおかしくないようなリアルな話まで

ドーンと集めたので、怖いもの知らずのみなさんは是非読んでみてください!

長編から短編まであるのでどんな方にも楽しんでもらえると思います。

と、その前に

少年くん

2chスレもいいけど、もっとアニメやドラマや漫画も楽しみたいんだよ!!

という方に良い暇つぶしの方法を紹介します。

それが Amazonプライムです!

ザックリと特典を紹介すると

  • 月額たったの325円!年会費は3900円!
  • 学生限定のAmazon studentなら月額159円に
  • プライムビデオで映画・ドラマ・アニメ見放題
  • プライムビデオ限定のオリジナル作品も多数
  • Prime Musicで100万曲以上聞き放題
  • Prime Readingで対象の書籍も読み放題

下に詳細サイトを貼っておくので、気になった方は今すぐ無料体験!!

 

過去に2chの恋愛スレもまとめているので、1休みにこちらもどうぞ!

リアル

166:本当にあった怖い名無し:2011/05/13(金) 11:30:26.52 ID:rKgs8JSd0

何かに取り憑かれたり狙われたり付きまとわれたりしたら、マジで洒落にならんことを最初に言っておく。
もう一つ俺の経験から言わせてもらうと、一度や二度のお祓いをすれば何とかなるって事はまず無い。
長い時間かけてゆっくり蝕まれるからね。
祓えないって事の方が多いみたいだな。

俺の場合は大体2年半位。
一応、断っておくと五体満足だし人並みに生活できてる。
ただ、残念ながら終わったかどうかって点は定かじゃない。

2ch界でも相当有名な話。オチが壮大です。

個人的に1番好きな話なので最初に紹介します。

最初の文章から一気に惹きこまれます。

ただ、残念ながら終わったかどうかって点は定かじゃない。」って言われたら何があったのかとかめちゃめちゃ気になってしまいますよね。

結構な長編なので時間があるときにどうぞ!!

危険な好奇心

801 :本当にあった怖い名無し:2006/04/22(土) 03:48:18 ID:moTdWLP+O
小学生の頃、学校の裏山の奥地に、俺達は秘密基地を造っていた。
秘密基地っつっても結構本格的で、複数の板を釘で打ち付けて、雨風を防げる3畳ほどの広さの小屋。
放課後にそこでオヤツ食べたり、●本読んだり、まるで俺達だけの家のように使っていた。
俺と慎と淳と犬2匹(野良)でそこを使っていた。

小5の夏休み、秘密基地に泊まって遊ぼうと言うことになった。
各自、親には「○○の家に泊まる」と嘘をつき、小遣いをかき集めてオヤツ、花火、ジュースを買った。
修学旅行よりワクワクしていた。

夕方の5時頃に学校で集合し、裏山に向かった。
山に入ってから一時間ほど登ると、俺達の秘密基地がある。
基地の周辺は、2匹の野良犬(ハッピー・タッチ)の縄張りでもある為、
基地に近くなると、どこからともなく2匹が、尻尾を振りながら迎えに来てくれる。
俺達は2匹に「出迎えご苦労!」と頭を撫でてやり、うまい棒を1本ずつあげた。

1番怖いのは幽霊じゃなくて人間。マジでトラウマになりかけます。

小学生時代にこんな体験したらもう怖くて山に行けなくなりそう。

そして大人になっても遭遇する「中年女

最初から最後まで怖いので覚悟のできた人のみどうぞ。

きさらぎ駅

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/08 23:14
気のせいかも知れませんがよろしいですか?
101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/08 23:18
先程から某私鉄に乗車しているのですが、様子がおかしいのです。
107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/08 23:23
いつも通勤に使っている電車なのですが、先程から20分くらい駅に停まりません。いつもは5分か長くても7、8分で停車するのですが停まりません。乗客は私のほかに5人いますが皆寝ています。
114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/08 23:29
ご指摘通りに、乗り間違えた可能性ももあるかもしれませんね。もう少し我慢してみます。また、おかしいようであれば相談させていただきたいと思います。

2ch史上最も有名な話かもしれない。2004年に起きた「きさらぎ駅」です。

普通に乗った電車のはずが、いつもと違う感覚に。

ついた先は「きさらぎ駅」

見たことも聞いたことも無い場所で主人公の「はすみ」さんはとんでも無い体験をしてしまいます。

今では「ネタ」として扱われている話ですが、みなさんはどう思いますか?

八尺様

春休みに入ったばかりのこと。いつものようにじいちゃんの家にバイクで行った。まだ肌寒い時季だったけど、縁側はぽかぽかと気持ちよかった。だから荷物もそのままで、その縁側でしばらくくつろいでいた。
そうしたら、

「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ……」

と変な音が聞こえてきた。

機械的な音じゃなくて、人が発してるような感じがした。男の声とも女の声とも取れるような感じだった。何だろうと思っていると、庭の生垣の上にひょっこり帽子があるのを見つけた。
でも生垣の上に置いてあったわけじゃない。
帽子はそのまま横にすぅと動いて垣根の切れ目まで来ると、一人の女性が現れた。まあ、帽子はその女性が被っていたわけだ。女性は白っぽいワンピースを着ていた。

でも生垣の高さは二メートルくらいある。

こちらも有名は話の「八尺様」です。

ある日おじいちゃんの家に行くときにクソでかい女を見た。

その話をおじいちゃんにしたことから話は一変。

なんとその女が封印されたはずの「八尺様」だったんですよね。

この後どうなってしまうのかは、本編をどうぞ!

かんかんだら

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。

俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を守った。あくまで厳しい態度でだけど、何だかんだ言って瞬のためにいろいろと動いていた。

そんな瞬の母子が、かなりキツいやりあいになった。詳しいことはわからないが、瞬が一方的に相当お母さんを痛め付けたらしい。

絶対に足を踏み入れてはいけない場所に入った男たちの話。

「かんかんだら」を見てしまった男たちはどうなってしまうのか。

そもそもなぜ、そこには入ってはいけないのか。

かなりの長編ですが、話に惹きこまれて一気読みしてしまうこと間違いなしです!

リゾートバイト

これは俺が大学3年の時の話。

夏休みも間近にせまり、大学の仲間5人で海に旅行に行こうって計画を立てたんだ。

計画段階で、仲間の一人がどうせなら海でバイトしないかって言い出して、
俺も夏休みの予定なんて特になかったから二つ返事でOKを出した。
そのうち2人は、なにやらゼミの合宿があるらしいとかで、バイトはNGってことに。

2chで最も怖いと噂される「リゾートバイト」です。

夏休みに仲間とリゾートバイトをしようと計画し、その時に起こった話です。

リゾートバイトという話、マジでめちゃくちゃ長いです。読むのに時間がめっちゃかかる。

だけど面白い。2chで語り継がれる理由がわかります。

時間のあるかたは是非リゾートバイトをどうぞ!!

巨頭オ

数年前、ふとある村の事を思い出した。
一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。
心のこもったもてなしが印象的だったが、なぜか急に行きたくなった。

連休に一人で車を走らせた。
記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。
村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、その看板を見つけたときあれっと思った。

「この先○○km」となっていた(と思う)のが、「巨頭オ」になっていた。

 短編で読みやすいけどゾっとしてしまう「巨頭オ」です。

ここまで短い文章で、読んでいる人たちに情景を想像させる筆者は素直にすごいですよね。

そしてなんと、この巨頭オが最近になって現実で発見をされたとTwitterで画像付きで上がっていました。

それがこちらです。

最初見たときめちゃめちゃ焦りました。ホンマにあるんかいと

でも今ではこれは合成だとか、ガセだとか言われていますね。

巨頭オの世の中への影響力に素直に感心ですね。

ヒッチハイク

今から7年ほど前の話になる。
俺は大学を卒業したが、就職も決まっていない有様だった。
生来、追い詰められないと動かないタイプで(テストも一夜漬け対タイプだ)
「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞かせ、バイトを続けていた。
そんなその年の真夏、悪友のカズヤ(仮名)と家でダラダラ話していると、なぜか「ヒッチハイクで日本を横断しよう」と言う話に飛び、その計画に熱中する事になった。

その前に、この悪友の紹介を簡単に済ませたいと思う。
このカズヤも俺と同じ大学で、入学の時期に知り合った。
コイツはとんでもない女好きで、頭と下半身は別と言う典型的なヤツだ。
だが、根は底抜けに明るく裏表も無い男なので、女関係でトラブルは抱えても、男友達は多かった。
そんな中でも、カズヤは俺と1番ウマが合った。
そこまで明朗快活ではない俺とは、ほぼ正反対の性格なのだが。

 実際に自分が出会ってもおかしくない現実味が帯びた話だから怖い。「ヒッチハイク」です。

これも幽霊系ではなくて、人間が怖い系の話です。

やっぱり世の中には何考えてるかわからない無敵の人間がいるものです。

最初から最後まで話に緊迫感があって読んでるほうもドキドキします(笑)

そこまで長くない話なのでお手軽に読めるので是非!

やってくる

698: あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/03/29 03:01
漏れにはちょっと変な趣味があった。
その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出て
そこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、
ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を
正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら「あ、大きな蛾が飛んでるな~」なんて思っていたら、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。

シンプルにめちゃくちゃ怖い「やってくる」です。

今回紹介する中でも背筋が凍る感はぴか1の恐怖です。

変な趣味の主人公がいつも通り、双眼鏡で外を眺めていると

男がこっちをみながら走ってくるんですよ。怖すぎません?

夜中に読むと怖くてトイレに行けなくなるほどなので

覚悟ができた方のみどうぞ!

一つの村が消えた話をする

1: 伝者 2014/12/19(金) 10:36:05.65 ID:Q9WITJsub BE:5249227687-2BP(0)

この話を人にするのも、書き込むのも初めてだが、
時間に余裕のある奴は聞いてくれると助かる。
文章は読みにくいかもしれないし、
見る者の殆どが釣りとかネタだろと思う内容だと思う。
なるべく皆の質問には答える予定だ。
時間が限られているので、速めの返答を心掛ける。
では、話を始めようと思う。

山奥の村で繰り広げられる、男が他の誰にも話したことのない話です。

個人的にこういう話がめちゃくちゃ好きです。

現実とはかけ離れているけど、実際にあってもおかしくないと感じる話です。

主人公の少年たちの好奇心が、1つの村の消滅につながってしまうんですよね。

立ち入り禁止の場所に入っていくのって少年ならではの好奇心なのでしょうね。

パンドラ・禁后

23:パンドラ[禁后]1:2011/12/16(金) 17:09:29.75 ID:s+XHJkPg0

私の故郷に伝わっていた「禁后」というものにまつわる話です。
どう読むのかは最後までわかりませんでしたが、私たちの間では「パンドラ」と呼ばれていました。

私が生まれ育った町は静かでのどかな田舎町でした。
目立った遊び場などもない寂れた町だったのですが、一つだけとても目を引くものがありました。
町の外れ、たんぼが延々と続く道にぽつんと建っている一軒の空き家です。

長らく誰も住んでいなかったようでかなりボロく、
古くさい田舎町の中でも一際古さを感じさせるような家でした。
それだけなら単なる古い空き家…で終わりなのですが、目を引く理由がありました。
一つは両親など町の大人達の過剰な反応。

完成度がめちゃくちゃ高く怖すぎる「パンドラ」です。

大人も寄り付かないポツンと建つ空き家に纏わる話です。

これに興味を持ってしまった、少年少女が空き家に侵入してしまい話が展開していきます。

パンドラが現実のどこにあるのかなどの考察もされているほど人気で怖い話なんです。

怖いけどクセになって久々に読みたくなる話です。

俺が異世界に行った話をする

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:30:39.34 ID:pDww8pjjO
去年の4月に大学を卒業して、マンションに引っ越した。

そのマンションが 回=回=回= ←こんな形をしたマンションなんだ。真ん中が中庭になっていて、俺は左端に住んでる。

=のところも部屋があってマンションは6階建て。右側にマンションの玄関があり、そこからしか出入りはできない。

中庭といっても地面も壁もコンクリートで使い道は全くない。

で、俺の住んでる部屋からはドアがあって中庭に入れる。他の部屋からは不可。

その中庭がおかしいんだ。

どうおかしいかは説明できないんだが、とにかく中庭にしばらくいると目が回って気分が悪くなる。

怖いとはちょっと違う不思議な「異世界」に行ってしまった話です。

僕は一時期「異世界」の話をたくさん読んだのですが、この話が中でも好きなので紹介します。

現実と一見変わりのない「異世界」

行ってみたいですよね~(笑)

猿夢

私は、夢をみていました。
昔から私は夢をみている時に、たまに自分は今、夢をみているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。

何故か私は薄暗い無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。
すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。 それは
「まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~」
と意味不明なものでした。 まもなく駅に電車が入ってきました。
それは電車というより、よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので数人の顔色の悪い男女が一列に座ってました。

夢の話。そう夢の中の。だけどめちゃくちゃ怖い。

夢の話なら今晩自分が体験してもおかしくない話だし。

最後の「また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~」が個人的にめちゃくちゃ怖い。

もし目が覚めなかったらどうなっていたのでしょうね?

くねくね

僕は、『ただでさえ暑いのに、何でこんな暖かい風が吹いてくるんだよ!』と、さっきの爽快感を奪われた事で少し機嫌悪そうに言い放った。
すると、兄は、さっきから別な方向を見ている。
その方向には案山子(かかし)がある。『あの案山子がどうしたの?』と兄に聞くと、兄は『いや、その向こうだ』と言って、ますます目を凝らして見ている。
僕も気になり、田んぼのずっと向こうをジーッと見た。

すると、確かに見える。何だ…あれは。

よくわからない白い物体を見たら終わり。「くねくね」です。

それを近くでみてしまったら、自分もそいつになってしまうという非現実的な話なのですがこれがおもしろい。

ぶっちゃけ僕はこの話をフィクションと思って読んでますね。

設定がおもしろいし、話が短いからスラっと全部読めましたね。

コトリバコ

912 小箱 1 2005/06/06(月) 12:57:48 ID:lJdBivui0

俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。

俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、
先月あったホットなお話を書き込もうかと思いここに来た次第。

一応話の主役の許可は取って書き込んでます。
ここなら多くの人が信じてくれそうなので。
長文かも。(文才もなく長文カキコもほとんどしたこと無いので読みにくいかも)

冒頭述べたように、俺自身にはまったくもって霊感などは存在してません。
なのでこれ、ホントに霊とか絡んでる話かは俺には判別不可。
皆さんに判別してほしい。
会話の内容も、覚えてるものを書いているのでかなり乱文かもしれません。

2chの洒落怖の代表的な話です。

長編ですが、かなり面白い話なのでおすすめです。

消えたとてうかぶもの

1: かしまし ◆nJVaXTZo 02/04/02 04:05 ID:RIYlzIsA
たとえばそれは台所にあるとします
私がそれを取ろうとすると浮かんでいたはずのものも沈みますね?
だから最初から消えていたと理解して撮ろうとしてもやはりそれは存在しないといえます
次にわたしが言うことは「消えた」ということ
消えたのなら最初はそこにあったはずです
なのにそれ(例えですが)は浮かんでいるのですから掴める訳ありません
もし掴もうとしてもやけどしたりしますからそこまでのリスクを伴ってまで(経済的負担は除きます
消えるのを防がなくてもいいと思います

友達に言ったのですが相手にされなかったので、皆さんの意見を聞きたいです

ん?となるけど知らない間に惹きこまれるTHE・不思議話です!

最初はスレ民も「意味わかんね」とか言ってるのですが

みんな途中から惹きこまれて質問しっぱなしです。

みなさんもこれが何なのか考えてみてはいかがでしょうか。

みなさんのイチ押しも教えて!!

ここまで僕のおすすめするスレを紹介してきましたが

2chには僕も知らない怖い話がまだまだたくさんありますよね!

その中でみなさんのおすすめを下のコメント欄に書いてくださるとうれしいです!!

また2ch好きな人は以前に僕が恋愛スレのおすすめもまとめているのでそちらもご覧ください!!

そして2chも飽きて暇で仕方ない方はこのブログでいくつか暇つぶしの方法を紹介しているのでそちらも見てくださるとうれしいです。

僕の1番のおすすめは「Amazonプライム」です。

興味がある方は下にリンクを張っておくのでそちらから詳細をご覧ください。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)