レート2100達成!どうぶつタワーバトルの必勝法教えます!

Pocket

こんばんは。たっつー(toiro_blog)です。

僕が前回紹介したどうぶつタワーバトル(通称DTB)というゲーム覚えていますか?

奥が深くて超ハマれるどうぶつタワーバトルってどんなゲーム?

気になる方はこちらの記事も是非ご覧ください!

今回は僕がその「どうぶつタワーバトル」というゲームで、

レート2100を達成したので僕が常用しているテクニックやプレイしてみてのコツ、レート帯ごとの感想を紹介していきます。

 

 

知っているだけで勝率が上がるテクニック

これは前回の記事では紹介できなかったテクニックです。

ズバリ言ってしまうと

「初手シカ、オカピは左端に置く!」です。

これを知っているだけで勝率が上がります。

では詳しく説明していきますね。

こんな風にシカ、またはオカピを左端に置きます。

シカ、オカピは左側のほうが重いです。

このことから頭がフィールドから頭が少し出ているくらいのところにおいて、相手がシカやオカピの上に綺麗に重ねて置いてくれば左に傾きそのまま落下していってくれるのです。

このテクニックに難しいところはありませんし、実際にやってみるとレート1700あたりまでは結構な確率で引っかかってくれるので、超おすすめなテクニックとなります!

気をつけなければならないことがあるとすれば、バトルが進行していく中で自分が誤ってシカやオカピの上に重ねて置いてしまうことがあることくらいですね。

しかし知っていればそれは防ぐことができるので、ローリスクハイリターンな戦略、テクニックですね。

攻撃的2トラ、2カバで速攻で敵を倒す!

前回の記事でも紹介した通り「攻め」といえば2トラがあります。

この2トラを使うことで序盤や中盤戦で一気にバトルを決めることができます。

次の画像を見てください。

これは僕が右と真ん中に2トラをした時の場面です。

見ればわかる通り、次にどこに置こうとしても足場が不安定な場面ですよね。

相手の次の引きが悪ければ、決着がつくことも多くあり、これはほんとうに超攻撃的な戦略となります。

しかし!さきほどのシカやオカピのときのように良いことばかりではなく、次の相手の引きがウミガメやヤギという比較的簡単に置いてしまうことができるキャラであれば、その次の自分が逆にピンチになってしまいます。

だからこのテクニックは攻めるのは簡単だけどそのあとのケアまで必要とされるテクニックなので、上級者用テクニックとなります。

実際に僕はこれは多様していますがレート2000を達成した今でも非常な強力で、5~6ターンで相手を倒してしまうことすらあります。

総評すれば強力だけど難しい上級者向け、ハイリスクハイリターンなテクニックと言えます。

中盤の5象で勝ち確定を作る

以前の記事で5象はアップデートでできなくなったんじゃないのか!と思った方いると思います。

たしかに5象はできなくなりました。しかしそれは「初手5象」です。

今回紹介するのは「中盤5象」です。

上の画像はトラの若干のくぼみを利用して5象をしています。

そしてこの後の相手のターン、カバを引き置くところがもう左端の難しいところを狙うか、パッと見置けそうな象の上を狙います。
この場面で象の上に置く人が8割近くだと思います。しかし、そうなった時点で勝利は約束されています。

この後どうなったか見てみましょう。

パッと見置けそうな象は実は不安定でそのまま転がってしまいました。

以前の記事を見てくれている方ならわかると思うのですが、

このテクニック「初手5象」と全く同じ勝ち方なんですね。

初手5象の脅威は去りましたが、まだまだ5象の脅威は去っていませんね(笑)

このテクニックに欠点があるとすれば、5象をした後に象の上以外に置かれてしまうと一気にこちらが絶体絶命のピンチに陥ってしまうのです。

ピラミッドの積み上げ型のバトルで使うなど、場面を見て使えば非常に強力なテクニックですので必要とされる場面を選んで利用していきましょう。

安定をとるか引き運を取るか、序盤の足場テクニック

まずは2つの画像をご覧ください。

序盤の足場の作り方に大きな違いがある2枚です。

僕は足場を安定した形にする右のような画像は「実力がバトルを左右するテクニック」だと思っています。

理由としては足場が安定しているということは色々なテクニックでバトル展開していくことができるので、引き運がバトルに直結しないことが多いです。

それに長期戦になることも多いですのではっきり言って経験が多いほうが勝ちます。
何度も同じような展開でバトルをしていると、こうされたらこうするというようなパターンが自分の中で形成されていきます。だから長期戦になればなるほど経験がものをいうバトルになると思います。

逆に左の画像は「引き運がバトルの8割を決めてしまう」テクニックだと思います。

左の画像のように足場が安定しないバトルは絶対に長期戦になりません

それに画像のようにピラミッド型の展開になることが多く、その場合どうしても引き運がバトルを大きく作用してしまうんです。

たしかにピラミッド型の中にもテクニックは多く存在し、上級者同士のバトルではピラミッド型の展開からずっと上に続いていくようなバトルもありますが、正直あれができる人は限られてきます。

 

これは僕個人の意見ですけど右側の「足場を安定させる」テクニックをおすすめします!

運が絡むといらいらしちゃって辞めたくなることだってでてきてしまうかもしれないですし。

ピラミッドを制すものは終盤を制す

バトルが長期戦になればなるほどピラミッド型からの上に積み重ねていく展開になることが多いです。

次の画像をご覧ください。

みなさんもこんな場面に遭遇したこと、少なくとも一度はあると思います。

このような展開を安定して勝てるようにならないとレート1800あたりを超えたとこからレートをあげることが難しくなります。

ズバリこのような展開を制すコツは

「比重と動物の形を知る」ことです。

比重というのはシカやオカピだと左側が重いということです。

積み上げていくような展開になるとバランスが最も大事になるので、比重を覚えることは最重要です。

動物の形というのはトラなら2トラができることや、ラクダなら背中が安定するといった各動物の特徴を知ることです。

これも比重と同じくらい大切なことで、上の画像を見ればパンダの後のシロクマは少し前足がパンダの背中にめり込んでいます。ということはシロクマを一回も回転させなければほぼ平面ということです。

このように動物の特性を知っておくことがピラミッド型のバトルの勝利につながっていきます。

まとめ

いかがだったでしょうか、この記事を見てやってみたいテクニックがあれば是非、積極的に利用してみてください!

それでは今回紹介したテクニックについて復習をしていきましょう。

・初手オカピ、シカは左端に置く!

・超攻撃的2トラ、2カバを習得せよ!

・中盤5象で勝利を確定させよ

・自分のスタイルに合った足場を作れ!

・ピラミッド戦を制すためのテクニックを習得せよ!

今回は大きく5つ紹介しました。

今回紹介したテクニックは難しいものも多く、そのテクニックに失敗して負けてしまうこともあると思います。

しかし、習得すれば大きく勝率を上げることができ周りとの差が大きくなるので是非諦めずに習得してください!

空前絶後の大ブームを起こしたどうぶつタワーバトルはまだまだ人気を落とすことは無いですし、これからもユーザーが増えていくことが予想されるので、もしかしたら新キャラなどの追加もあるかもしれませんね!

注目していきましょう!

それでは次の記事でお会いしましょう。では!!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)