男子校、工業校の学生が出会う方法を3つ本気で考えてみた。

Pocket

こんばんは、たっつー(toiro_blog)です。

出会いがない。そう悩んでいる工業校生や男子校性って世の中にたくさんいるんです。

なぜなら、学校に女子が全然いないから!

学校帰りに近くのマックに寄ると、いますよね。一般高校生や総合大学のカップル。

ほんとにチクショーって思いを何度も僕自身、体験しました。

今回は工業大学、男子校生が出会う方法を3つ本気で考えてみました。

工業、男子校生が日々抱く劣等感。

工業校、男子校生の学生って「恋愛」においては劣等感を抱いています。

なんでそんなことわかるかって僕も工業系の学生なんです!

僕のクラスでは女子は一人しかいませんし、そういう学科にいる女の子って癖が強くて

あんまり恋愛面では見れないんですよね。(偏見

僕の周りを見る限り、恋愛をしたい人と、あきらめている人は半々くらいです。

それに諦めている人もチャンスがないから諦めているだけで、チャンスがあれば恋愛を望むひとはとても多いんです。

そのチャンスは、いくらでも自分の行動で作ることができます。

街で見かけるカップルだってどちらかがアプローチをして付き合ったわけで、行動を間違いなく起こしてるんです。

僕らと彼らの違いは、チャンスと遭遇するきっかけが少ないだけ!

きっかけは今の時代、どこでも作ることができます。その例を今回は3つ紹介しますね。

アクティブ学生は文化祭・学園祭がねらい目!

文化祭、学園祭はとっても良いきっかけとなります。

数少ない、同じ年代の人たちとたくさん触れ合う機会ですしこれを生かさない手はないでしょう。

実際、学園祭でそういった出会いを求めている人は男性、女性ともに一定数は間違いなくいます。

しかし!学園祭での出会いで気をつけなければならないこともあります。

それは、学園祭は出会いのきっかけ止まりにしておくことです!

いきなりデートに誘ったり、一緒に回ろうよなんて言うのは絶対にやめましょう。

おすすめは写真を撮って、それを送るという名目でLINEなどを交換することですね。

そこからのアプローチの仕方は前回記事にもしてみたので合わせて読んでみてください。

コツはじっくり発展させることですよ。

急がずゆっくりアプローチしていきましょう。

お金も一緒に稼げるアルバイトも生かせ!

学生カップルの出会いのきっかけをアンケートしてみると、

必ずと言っていいほど上位にランクインするであろう「アルバイト」です。

高校生の場合はアルバイト禁止となっている高校も多いので難しいかもしれませんが、

大学生であれば自分の生活費を稼ぎながらなのでとても良いきっかけ作りとなるでしょう。

地域などでも多少異なることがありますが、出会いやすいとされるアルバイトを紹介します。

・居酒屋

・アパレル店員

・カフェ

・パチンコ店員

・オープニングスタッフ

等があげられますかね。

これらに共通していることとしては

「店員同士が協力しなければならないこと」があります。

この中に挙げられているものは比較的協力する場面が多いので自分に向いていると思うものをやってみましょう。

出会いが欲しいなら出会いを求めている人にアプローチ

「それができるなら初めからそうしてるわ!!」という声が聞こえてきそうですね。

でも今ならそれがあるんです。

それは「出会い系」のアプリやサイトです。

18歳以上という条件があるため、高校生にはできませんが大学生なら可能です。

僕自身「出会い系」というものにものすごい不信感を感じていましたが、今では登録に免許証はいるし監視体制も素晴らしいほど整っていて、下手に外でナンパしてりするより遥かに効率も良いです。

出会い系と切っても切り離せない存在「サクラ」というものがあります。

悲しいことに少なからずまだ存在してます。

が!!!

とてつもなく数は減っています。

サクラの数が減っているのもありますが普通の女性が「出会い系」を利用するということが増えています。

今は「出会い系は危険」と考えているからこそ競争率が低くチャンスになります。


↑は僕がおすすめするサイトです。

とりあえず無料ポイントだけでも利用してみることをお勧めします!

 

それでは次の記事でお会いしましょう。では!!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)