ニコニコ動画がオワコン化した3つの理由。

Pocket

どうもこんばんわ、中学時代ニコニコに入り浸っていたたっつー(toiro_blog)です。

僕もつい先日まではプレミアム会員でしたが、ついに退会しました。5~6年間プレミアム会員をつづけた僕が感じたことも含めなぜオワコン化してしまったのか考えてみましょう。

ニコニコ動画全盛期!

よくネット上ではニコニコの全盛期についての議論がありますね。とてつもなく人気だった証拠ですね。

僕はニコニコ全盛期は2008年ごろだと思っています。

そもそも何故人気が出たの?

ニコニコ動画にupされている動画を見るためにはまず会員登録が必要になります。今人気のYouTubeでは動画を見るためにはログインが必要ありませんよね。
こんな手間のかかる作業があるにも関わらず人気だったのにはワケがあります。

僕が考えるニコニコというのは「オタクの居場所」なんです。
そしてこれが人気がでたきっかけでもあります!このころ、いわゆる「オタク」と言われる人の肩身は今ほど広くはなかったと思います。

そんな中誕生したのが「ニコニコ動画」だったわけです。

今までは肩身の狭かった人がこんなサイトが誕生して、参戦しないわけがないのです。
さらに今までため込んでいたものを爆発させたのでしょうか。次々とupされる動画は瞬く間に人気となり、「ニコニコ独自の文化」を作っていきました。

僕が中学生だった2011年頃はもう「オタクは文化だ!」と言われるほどになっており「オタク」に対する違和感はありませんでしたが。

何がそんなに面白かったの?

まずほかのサイトと決定的に違うところはコメントでしょう。

動画の上にコメントが流れていくわけです。斬新ですよね。
僕も始めてコメントをしたとき自分のコメントが「流れてる!」と興奮したものです。

このコメントの機能をさらに面白くしたのが「職人」と呼ばれる人の登場でしょう。
実際にどんなコメントか見てみましょう。

これが「職人」と呼ばれる人のコメントです。

すごすぎますよね(笑)

職人のコメントをたくさん見たい方はこちらの動画をどうぞ!

この動画、何回見ても飽きないです(笑)

ニコニコ動画オワコン化!

それでは本題に入りましょう。

残念ながら、今の現状はニコニコ動画大好きな僕から見ても全盛期の活気の半分以下まで落ちていると思います。

さっきまでこんなにニコニコ動画を絶賛してたのにこの手のひら返しはなんだよ!と思う方いると思います。僕の観点から今の現状に陥る経緯を考えました。

本当に必要?ニコニコ超会議!

2012年から行われているニコニコ超会議。次の表を見てください。

開催日 開催名 キャッチフレーズ 会場来場者数 ネット来場者数 収支
2012年4月28日 – 4月29日 ニコニコ超会議 集まれば、強くなる 9万2384人 347万766人 4億7081万25円の赤字
2013年4月27日 – 4月28日 ニコニコ超会議2 つくるのは、あなたです。 10万3561人 509万4944人 8854万2000円の赤字
2014年4月26日 – 4月27日 ニコニコ超会議3 全員主役 12万4966人 786万4158人 7039万3314円の赤字
2015年4月25日 – 4月26日 ニコニコ超会議2015 この国には、たくさんのネ申がいる 15万1115人 794万495人 4626万6656円の赤字
2016年4月29日 – 4月30日 ニコニコ超会議2016 この場所は、みんなのキセキ 15万2561人 554万8583人 3億9084万3616円の赤字
2017年4月29日 – 4月30日 ニコニコ超会議2017 この景色の中に、あたらしい「いま」。
(題字:鈴木敏夫
15万4601人 505万9967人

(wikipedia 引用)

2012年からたくさんの来場者数を記録するとともに赤字も記録してますね。

しかし、僕はこの問題はこの「赤字」ではないと思います。

 

ちょっと思い出してみてください。「ニコニコ動画」が人気になったワケを。
もともとニコニコ動画は現実世界で肩身の狭かった「オタク」と呼ばれる人たちの居場所だったわけです。

現実では肩身が狭い。だからネットで居場所を作り繁栄した。

あれ? なんだかおかしくないですか?

本来ならネットで活動していた人たちが現実の世界で陽の目をあびることとなりました。

これじゃ、テレビでみるタレントと何ら変わりないですよね。
そこなんです。僕が考える一つ目の理由は。

540円の価値なし?プレミアム会員。さらにチャンネルの登場。

ニコニコでは月額約500円ほどの料金を支払うことで、「プレミアム会員」というものになることができます。

先ほど紹介した超会議もこのプレミアム会員の収益から、運営されています。

月額払っているからこそできる機能を紹介します。

低画質モード回避し、いつでも高画質!!(一般は19~23時は低画質)

時報やアンケートなどで動画を停止されません!!

■マイリスト、視聴履歴の保存数の上限up!!

■広告を非表示にできます!

動画においては大雑把に言うとこんな感じです。

生放送においては

一般会員を追い出して優先的に見れます!

というのがあります

僕はプレミアム会員を5~6年続けました。
動画において、いつでも高画質で見れるというのは大きなメリットに感じることもありましたが、実際に一般で見てみてもそんなに大差ないかなと思います。

僕がニコニコの動画の「雑さ」が好きなのも影響しているのもあると思いますが(笑)

一番メリットを感じたのは生放送の優先機能だと思います。

実際にニコニコ生放送では追い出される人が出てくるほどの人気生放送が多数存在します!
特に僕がみている頃は生放送のユーザーも多かったため恩恵が大きかった。

 

ですが!!!ここで「チャンネル」が登場します。

「チャンネル」とは一部の人気ユーザーが開設することができ、このチャンネルに入会するためにさらに追加で540円を払わなければなりません。

このチャンネルで行われる生放送においては

チャンネル会員>プレミアム会員>一般会員

という序列になります。
これが何を意味しているかというと、

プレミアム会員なのに追い出されてしまう!ということ。

たしかに一般会員は追い出せるけど、その上は出しちゃだめだよ運営さん。。

これは二つ目の理由であり、僕がプレミアム会員をやめるきっかけともなりました。

ユーザ―年齢層の低下

これも大きな要因だと思います。説明しますね。

よくコミュニティの繁栄と衰退でこんなことが言われます。

 

有名なコピペですが、これはニコニコ動画にも言われることだと思います。

古参厨と呼ばれるかもしれませんが今のニコニコのコメント欄ははっきり言って終わってます。

先ほど上で挙げた「職人」と呼ばれる人たちはほとんどいなくなり、コメント欄ではまさかのユーザー同士の喧嘩。
こんなコメントばかりの動画サイト、そりゃ本当に面白い人は寄り付かなくなりますよね。

まとめ

今回述べたことはあくまで僕の観点からであり、必ずしも正しいということはありません。
それに言いたいことが多すぎて、うまく纏まりませんでした。

ニコニコ動画にはほかにも話題になったことがあります。

「マリオメーカー問題」「人気実況者youtubeへお引越し」「ビリビリ動画」等

この件については自分の意見がまとまったらまた記事にしたいと思います!

 

最後に一言。

僕はニコニコ動画が大好きです青春の一部です。
楽しい毎日をくれたニコニコ動画は今でもあの頃のユーザーの心に残っています。
必ずニコニコ動画はまた栄光を取り戻し、楽しい毎日を僕たちに与えてくれるだろう。

 

また次の記事でお会いしましょう!では!!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)