21歳!拳で!Twitterで話題の男の子、性の喜びおじさん化していると考えたワケ

Pocket

こんばんは。たっつー(toiro_blog)です。

今から一か月前くらいでしょうか?Twitterで爆発的に人気になった一人の男の子をご存知ですか?

もちろん俺は抵抗するで?拳で!!#拳で抵抗する21歳 #拳で #拳で抵抗 #無許可RTやめてください pic.twitter.com/rbJvBaKydZ

この21歳の男の子、なぜネット上で爆発的に晒されることになったのでしょうか?

10万RT越え!?こんなことになってしまった理由

今ではTwitterで今日のご飯を載せたり、遊びの報告をしたりと、ツイートをするということが日常化しています。
とある日の、中学生のツイートによってこの男の子は爆発的な拡散をされることとなります(※先ほどのツイートは元のツイート主ではありません

拳で抵抗。流行った経緯とは。

動画での21歳男の子と中学生の会話はこんな感じです。

21歳 「手が滑ったごめんなさい」

中学生「とれや!とれや!責任とれや!」

21歳 「自分のボールやろ?」

中学生「俺らのボールや。お前が投げたんやからとれや!」

21歳 「で?だからどうして?
とる義務があるん?」

中学生「あるわ!じゃあお前らのチャリも畑に捨てるで!
俺取りにいかんで!」

21歳 「もちろん俺らは抵抗するで。

中学生「どう抵抗すんねん!」

21歳 「バチン!拳で。

中学生「wwwwww
ところで君たち何年生?」

21歳 「バチン!21歳!!

とまあこんな感じでした。

Twitterで人気の「もちろん俺らは抵抗するで?」や「21歳!」というのはこの会話から流行った言葉なんです。

住所特定に過去のいじめ動画?ネット民のおもちゃになってしまう…

僕はこの動画がTwitterで流れてきたとき、「また中学生が面白がってツイートしてるよ」とバカッターを見ているような気分で見ていました。

問題はこの後です。このツイートを見てください。

 

なぜか、Twitter上でこの男の子の高校時代の動画も拡散されていますよね。
ツイートでは「ドッキリ」と称されていますが、見る人によっては「いじめ」にも見えてしまいますよね。なぜ、こんな動画をアップしたのかはわかりませんが、ネット上で彼が有名になり、面白がってアップした程度の考えなのでしょうね。

さらにこんな動画もあります。

僕が知りうる情報では彼はSNSなどをしていないとのことですが、住所なんかも特定されています。

完全にネットでおもちゃになってます。

性の喜びおじさんと同じ最後をたどる!?

少し大げさすぎる見出しかもしれませんが、僕はこの問題にこのくらいの危機感を感じています。

そもそも性の喜びおじさんって誰?

 

彼もまた、Twitterから話題になり、一躍ときのひととなりました。
電車で「性の喜びを知りやがって!許さんぞ!」などと発言し、それを盗撮するのがブーム化していたのです。

実際に彼にインタビューする人も多くその発言がまた面白いんです。拡散が拡散を呼び、ついに彼はテレビにまで出演することとなりました。

あのお笑い芸人の千鳥と共演しているんです。それはもうすごい人気でした。

性の喜びおじさんの最期とは

一躍ネットで有名になった性の喜びおじさんですが、誰も予期せぬ最期を迎えることとなります。

あろうことか、彼は死亡してしまうのです。
彼が死亡してしまうまでの経緯を説明します。

彼はいつも通り、電車に乗っていました。そしていつも通り盗撮されています。盗撮されていることに怒った性の喜びおじさんは暴れだしてしまいます。そこに居合わせたサラリーマンが必死に止めようと抑えていると突然、意識を失い、息を引き取ってしまいました。

21歳の男の子も同じ被害に遭う可能性がある

性の喜びおじさんと21歳の男の子、似ているところがあると思いませんか?

そう、二人ともTwitterから有名になり、面白がってツイートされ拡散されていく。
ツイートしている人は彼のことを考えていると思いますか?
僕はそうは思いません。ツイートをする人たちの頭の中にあることは間違いなく「RTがほしい」ということだけです。

 

21歳の男の子と中学生が喧嘩をしている公園を「聖地」と称して、実際に訪れている人も多いみたいです。
僕はこう思いました。

れ?そのうち本人に会いに行く人が現れるのでは?

性の喜びおじさんは本当に最悪の最期を迎えました。
これほどの事態にまではいかなくても21歳の男の子に実害が及ぶ可能性は大いにあると思います。

まとめ

長々と話しましたが、僕が言いたいのは誰にでも「加害者」になる可能性があるということ。

性の喜びおじさんは仕方ない「」だったのでしょうか?

まずネットでの拡散がなければ、彼の死はありませんでした。

では「真犯人」は最初に投稿した人?
それとも拡散に協力したTwitterのユーザーたち
電車の中で盗撮をした人たち?
取り押さえたサラリーマン?

僕はこの中でのどれでもないし、この中の全てが当てはまるといえると思います。

彼は決して仕方ない「」ではない。

彼は間違いなく「インターネット」に殺されたのである。

この今の世の中で盗撮をなくす。拡散を防ぐ。それは無理です。
ですが「抑制」することはできるのではないでしょうか?

この記事を最後まで読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。
19歳の僕の甘い考えかもしれませんが聞いてください。

TwitterでRTボタンを押すとき、それは本当に「必要」なのか考えてください。
有益なことはどんどんRTしていってほしいです。
しかし、今回のような面白半分で拡散をするのは注意が必要だと肝に銘じてほしいです。

この21歳の彼に被害が及ばぬことを心から願ってます。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)